今、海外から帰国したらこうなる。【2022年3月】

目次

帰国しました

↑同内容はYoutubeでもご覧頂けます↑
お好きな方でどうぞ^^


長時間フライトを親子で乗り越えて
(ANA便はラクラク快適でしたが)
帰ってまいりました。14時間掛かりました!

この記事では、
2022年の3月の時点で、
海外から日本に帰ってきた時に、

どういった隔離等の条件になっているか
帰国前、帰国後の手続き

について、お伝えします。
今後近いうちに海外へ行かれる予定、
また行きたいなぁと思っている方の
参考になれば嬉しいです。

帰国後の隔離について

私が帰国したのは、
日曜日の早朝着便でした。

そしてこの記事は、
5日後の金曜日に書いています。
この時点でもう、私の隔離中ではなく
仕事で京都のホテルにおります。

思ったよりすんなり日常に戻れて、
拍子抜けしました。

入国前、入国時検査

必須です。
帰国便に乗る前、72時間以内に一度、
検査を義務付けられています。

余談ですが、これが結構高額で、
メキシコシティで検査をしたのですが、
ひとり2万円超えでした。
すごいビジネスモデルですよね、PCR検査…

気を取り直して。
この検査で無事陰性であれば、
無事、日本行きのフライトに乗ることができます。

逆に言うと、仮に陽性が出てしまったら
帰ってこれません。

私も1週間程度は滞在の延長を覚悟していましたので、
そうなった場合のフライト変更が可能かどうか、
出国前に確認していくほうが安心です。

入国時

入国した日本空港にて、再度検査です。
今はファストトラックという仕組みができ、
以前よりは所要時間が掛からなくなっているようです。

私たちも、飛行機の到着から2時間で、
空港を出ることが出来ました。

メキシコからのANA直行便は早朝着で、
その日最初の到着便なのだそうです。
そのおかげで空いていた、ということもあります。

ここでは、陰性でも陽性でも、
入国は出来ます。
そのあと、陽性の方は速やかに病院へ行かれるのでしょう。

私たちは陰性でした(祝)

下記スケジュールの適用条件

私たち自身は

・ワクチン未接種
・メキシコ帰り
・入国前検査、入国時検査で陰性

です。

メキシコから帰国する人は、
2022年3月9日着までは帰国後、
「検疫所の設定する隔離施設に3日間の強制隔離」
となっていました。

が、大変運のいいことに、
私たちが帰国した日には、上記が解除されており、
帰国後の空港での検査で陰性の場合、
そのまま公共交通機関を使って、
自宅まで帰ることができました。

ワクチン3回目まで接種済の方であれば、
下記よりもっと条件が緩和されていると思います。

具体的な隔離スケジュール


日本に着いた日を0日と数えて、
3日間の自宅待機が命ぜられます。

日曜:0日目 …自宅へ移動可能
月曜:1日目 …自宅隔離
火曜:2日目 …自宅隔離
水曜:3日目 …検査のための外出が可能
木曜:4日目 …隔離あけ

※0~3日目までは、
『MySOS』というスマホアプリで
毎日複数回、

1.登録済の隔離場所に居るかどうか、
GPSでの居場所報告
2.自動発信の通話が掛かってきて、
顔出しで隔離場所に居ることを報告

が義務付けられています。

このデータをどれだけ確認されているかは
定かではありませんが、
そのとおりにするほうがいいでしょう。

3日目の検査結果が出たら

陰性であれば晴れて自由の身です。
陽性であれば、
当然陰性になるまでは待つことになります。

私たちの場合、
検査結果が届いたのが4日目の夕方だったので、
実質5日目(この記事執筆時点)から
外出可能となりました。

私は今日、外での仕事を入れていたというのは
かなりギリギリで(反省)
帰国後1週間くらいは、
対外的な予定は入れないほうが無難ですね。

完全に余談ですが

強制隔離施設というのは、
経験済の方から聞いた話で
本当に『隔離』される
ということでした。

ホテル内の移動もできないようだったので、
メキシコシティからどっさり、
おやつやらコーヒーやら、
子どものおもちゃやらの嗜好品を買って
帰ってきたんですね。

3日間も3歳児と狭い個室に隔離。
何かグッズがないとやってられません。

この記事にしても、しばらくすると
「そんなこともあったわね~」と
懐かしむ日が来るのでしょう。

強制隔離も、今しか経験できないことだったので
今思えば少し経験してみてもよかったかも
と思わなくもありません。

状況は刻一刻とまた変わっていくでしょう、
もっと緩和されるのか、
また厳しくなっていくのか、
まだわかりませんが、

多分、今年はあと何回かは、
海外に行けるような気がしています(願望)

行けるといいですね。

編集後記

メキシコ。
飛行機で14時間の距離です。

14時間を超えていくと、
やはりそこは「非日常」でした。

距離が遠くなるほど、
日本との文化の差が大きいので、
そのぶん刺激も大きいです。
日本と似てる!ということが
ほぼ起こらなくなってきますね。

とはいえ、
現地でヤクルトが大量陳列されているのを見たときは、

地球の裏側だけど、やっぱりつながってるんだな~

と、妙な感慨を覚えましたが。

親子で楽しい経験、新しい経験を
たくさんさせて頂いて
色々なことに、改めて
ありがたいな~

と思わず呟いてしまいます。

今はもうひたすらに
白ご飯とお味噌汁が
おいしい日々を送っております

メキシコで撮りためた、
ぜひお伝えしたい動画が大量にストックされていますので、
随時お届けできればと思います。
ぜひまた、ご覧頂けたら嬉しいです。

大切なお知らせ

このたび、
メールマガジンの発行をはじめました。
発行開始の理由や、登録の特典など

2分ほどの動画でお話ししていますので、
箸休めにぜひ、こちらもご覧頂けたら嬉しいです。

メキシコの美しい街・
サンミゲル・デ・アジェンデにて撮影しました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる