抱っこテロには、もう負けない

私は旅が三度の飯より好きで、

旅関係の情報を見るのも好きだが、

中でも特に心惹かれるものがある。

パッキング動画など、旅の荷物を紹介するような情報だ。



所有物には、その人の人となりが表れる。

特に旅の荷物となると、その中でも少数精鋭の部隊であり、選ばれている理由があるはずだ。

私は良くも悪くもムダを好まない性分のため、

その「ムダを排除された(であろう)完成形」に、

ある種の美しさや潔さを感じる。



そんなわけで、自らの持ち物も少数精鋭主義だ。

それはたとえ、せっかちなサザエ姉さんが耳を引っ張りながら

「早くしなさいよ!」

と言ってきたとしても、モノ選びに熟考は欠かせない。



今回は、その中でも3本指に入るほどの熟考の末に入手した、旅のカバンを紹介したい。

余談だけど、このリュックもすごいね。

足掛け3年

自慢ではないが、これに辿り着くのに3年かかった。



リュックなんて3年も悩んで買うものでもない、とあなたに言われてしまいそうだ。

そういうことなら逆に私から、全人類のリュック愛用者へ聞いてみたい。

あなたの背中にある、それを選んだ決め手は何か。

これだけの製品が世にひしめき合う中、そのたった一つを選ぶ、その心は。



食品、消耗品以外の買い物は、特に責任を伴う。

それらは食べたら最後、この世から消える食品とも、顔に塗れば減っていく化粧品とも違う。

手元に招き入れたが最後、何かアクションをしない限り、ずっとそこに居続ける。



居続けるからには、その場所を取り続けるだけの意義あるモノであるべきで、

こちらも、それに見合った対応をしていくのが理想である。



書いてしまえば当たり前のことのようだが、

日常の隅から隅までこの意識でモノを選んでいる人を、私は全人類中でひとりしか知らない。

そして私も、移住を決めて以降、そのモノの終末まで考えて選ぶようになった。



3年悩んだのは、選択肢が多すぎたこともあるが、

乳児から幼児にかかる頃の買い物は、特に一時的になりやすいことも理由のひとつだ。



前置きが長くなったが、3年熟考の末に迎え入れた、我が家のリュックを紹介させてほしい。

姉さん、やっと決めました

香港に拠点を置く、NORDACE社製「NORDACE Siena」。

自立するので、中身が散らからない。

このリュックは、以下のような条件を望むあなたへお勧めできる。

旅が好き
電子機器を持ち運ぶ
中身が整った状態が好き
軽くて丈夫

旅に特化した製品を多くラインナップするブランドで、このSienaだけ見ても、本当によく考えて作られている。

3年悩んだので認めたくはないが、マザーズリュックとしても、これ一択で良かったのではないかと思うほどだ。


私は仕事柄、15インチのラップトップに加え、12.9インチのiPadを愛用している。

旅先で仕事をする場合、この2台をカバンに詰めて持ち運ぶ必要があるが、

これに電源ケーブルやマウスなど周辺機器を合わせると、結構な重量になる。

衝撃保護スリーブその1。
衝撃保護スリーブその2。

問題は、飛行機移動のある旅の場合。

重いものはスーツケースに入れていくが、電子機器は預け入れ荷物に入れられないため、手荷物で移動する必要がある。

かといって、自宅から手荷物で2台を持っていくと、移動の際の身体的負担が大きい。

幼児との移動は時に、抱っこテロに見舞われることが想定され、なるべく手ぶらに近くしておきたいのだ。



結局このリュックに辿り着くまでの3年間は、

  1. スーツケースに2台入れて移動
  2. 空港でスーツケースを開けて、手持ちのバッグへ2台放り込む
  3. 重い荷物と幼児を抱えて空港内を移動
  4. 重い荷物と幼児を抱えて搭乗

を繰り返していた。



誰か、この愚行を繰り返す当時の私に、一言アドバイスをしてやってほしい。



とはいうものの、この愚行の結果、本当に必要な機能を発見したのであり、

必要なステップだったと言える。(しかし3年は長い)

そしてめでたくも、問題はすべて解決した。

「ラゲージストラップ」というアイディアは、ノーベル平和賞級の大発明である。

空港までは、これでバッチリ。

パソコン2台も持ち運ばないわ、というあなた。

例えば将来的には、子ども用と自分用、2台のiPadを持ち運ぶこともあるかもしれない。

そしてそもそもこのスリーブは、精密機器専用ではない。

実際、本や書類を持ち運ぶ際は、このスリーブポケットに入れることで、折れ曲がりを防ぐことができて重宝している。

背面には、貴重品入れ
早く海外へ行かせてください。

他にも色々便利機能があるのですよ

旅に最適化した商品は、日常でもよく機能する。

このリュックもそうだが、衣類にしても靴にしても、何でもそうだ。

その理由から、近頃は私のモノ選びは、まずアウトドアブランドから探すほどだ。



難点があるとすれば、標準的な女性には少し大きめなことだ。

160cm未満、BMI17%の私のようなヒラメには、特に。

そうはいっても、私の移動生活には欠かせない、頼もしい相棒である。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる