【レビュー】コロナでも安心な子連れ旅のおすすめスポットは?

コロナも心配だけど、ずっと家にいるのも疲れたよ~

ということで、おすすめ旅先を記事にしました。↓

初めての子連れ旅にも!withコロナ時代の安全な子連れ旅行先はココ

ということで、家族みんなに優しく、子供の頭にも良い旅のスタイル=グランピングをお伝えしました。

この記事では、私が実際に2歳の息子を連れてグランピング体験してきたので、正直レビューを記録しておきます。よかったら参考にしてください。

目次

フォレストサンズ長瀞(埼玉県)

友人一家と利用したので、トレーラーハウスSB(一番大きなトレーラーハウス)にしました。

≫トレーラーハウスSB(公式サイト)

背後に山がのぞめる、素敵なロケーション。

トレーラーハウスSB。キャンパーから猛烈批判を食らいそうな邪道感です(快適…エアコンついてます←邪道)

広い敷地内には、おしゃれげな英字サインも(注※ここは埼玉県)

うまく他の視線が気にならない配置で、トレーラーハウスがずらり。

長瀞での滞在はこんな感じ

立地

電車でのアクセスが良いです。

  • 駅から徒歩でいける
  • 駅近くにスーパーとホームセンターがある

お酒やおつまみ、足りなくなった場合はスーパーへダッシュできる気軽さ。

食事

トレーラーハウスの前でBBQができます。BBQの焼き網など、ごく基本のものは用意されています。

BBQデッキは大人4人+幼児3人でギリギリくらいの広さ。

ここ嬉しい
  • 雰囲気の良いライトアップで、子供が寝静まったあとの大人の晩酌も、いい感じでした。
  • ハウスの扉を締めてしまえば、多少話し声が外でしても起きやしません(よっぽど繊細な子は例外)
ここは注意
  • 食材・調味料は自分で調達するか、現地での販売を利用。また網など以外の手袋やチャッカマン、着火剤、炭などのBBQ必需品は宿泊費には含まれず、ほぼ別途調達が必要(もしくはレンタル有料)です。今回は近所のスーパーとホームセンターで買い出しました。
  • デッキから地面までは高さがあるので、BBQ中の子供の落下に注意。

ハウス内

清潔、です。キッチンも付いているので、野菜などはハウス内で洗えます。

ここは注意
  • ハウス内のベッドは全て高さがあるので、小さい子供は落下に注意が必要です。親たちは気になって、結局あまり寝られませんでした。笑
  • 一箇所だけ塞げない天窓があり、早朝から明るかったです。これも寝られなかった原因のひとつかも。アイマスク必須!

お風呂

トレーラーハウス内に水回りは完備されていますが、シャワーブースは極狭なので、子供と一緒に入るのはほぼ不可能。近場の温泉チケットが付いてくるので、そちらを利用しました。施設からの送迎バスがあります。

ここは注意
が、ここの温泉はおむつ着用の幼児は利用不可。結局息子は入浴できませんでした…(共同浴場は子連れで何度も行きましたが、断られたのは今のところココだけ)

≫フォレストサンズ長瀞(公式サイト)

ザ・ファーム(千葉県)

実は行った日が雨で、ロクな写真が撮れなかったので、全部公式からお借りしちゃいます。

今回宿泊したのは、このコテージ。

ザ・ファームでの滞在はこんな感じ

立地

千葉県香取市という、わりと郊外にあるので、基本は車がよいです(コロナ回避の観点でも車がベターですしね)

電車とバスの乗り継ぎでもたどり着けますが、難易度高いと思います。

そして近くに買い出しできる場所はなく、最寄りのコンビニまで何十分か走りました。飲み物は持参がおすすめです。

食事

予約時にいくつかのコースから選べる形式で、全部宿泊費にコミコミです。食材カット済のものを、各戸別に用意してくれています。ソースも数種類入っているので、好きな味付けで楽しめます。

私が選んだコースには、

  • 美味し~いお肉(牛・豚)
  • お野菜+バーニャカウダソース
  • ジャーサラダ
  • デザートには焼きマシュマロ

などなど、なんだかおしゃれなセットになってました。

このウッドデッキの上でBBQ。屋外用ソファも置いてある、リラックスした雰囲気です。

コテージ内

コテージ、言うまでもなく快適。

コテージの間取り図。

これには書かれていませんが、キッチンには種類豊富な食器やカトラリー、電気調理器、電子レンジ、湯沸かしポットやコーヒーなど、普通のホテルより+αの道具が用意されてます。テーブル下部にはホットカーペットが敷かれてました。

ここ嬉しい
  • ベッドとお布団が選べるので、ベッドからの落下が心配な子供も安心。
  • デッキと室内は掃き出し窓で繋がっていて、デッキから中が見通せます。子供が先に寝ても、大人は安心して酒盛りOK。

温泉に入れるよ

すぐ近くに温泉があり、プランに込みで入り放題パスポートを頂けました(チェックアウトの時間まで利用可)。ここは子供も入れたし、ゆったりできて良かったです。

≫かりんの湯

おまけ:グランピング内

別プランのグランピングは、こんな感じです(今回は残念ながら満室)

同伴の友人一家がこちらを利用。内部を見せてもらいましたら、ベッド、おしゃれなアウトドアチェアやランタン、モンゴルを彷彿とさせる(?)素敵な柄の寝袋などが置かれていて、雰囲気◎でした。冷暖房つき。

ここは注意
テントなので、水回りはついてません(BBQ用の簡易な流し台はあります)。割り当てられたテントの位置によっては、お手洗いがちょっと遠い場合もあります(とはいえ、徒歩数分圏内)

子連れで快適なのはコテージ

お子さんがある程度の年齢になっていれば良いかもしれませんが、トイレを我慢できないお年頃くらいまでは、コテージのほうが快適かな、と思います。

本格キャンパーからしたら、もうグランピングですらないコテージですが。笑

虫の音の聞こえる中、みんなでワイワイお食事をしたり、川で遊んだり、畑で野菜が育っているのを見たり。都会にいると、そんなことも経験するのが難しいので、まずは手軽で安全なアウトドア体験として。

仕事詰めの親にとっても、癒やしの時間になるかと思います。

≫ザ・ファーム(公式サイト)

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる