カンタンに『充実した毎日』を作る方法

ただいま3歳の息子と、
メキシコを絶賛ワーケーション中!

子連れフライト50回越えの
旅好きシングルマザー、摩衣です。

メキシコ、めっちゃいいです。
詳しくは、この記事の後半部分にて❣

2022年、早々にたるんでいませんか

今年に入って早1ヶ月以上が経ちました。
たるんできていませんか?

今日は、そんなこの時期に最適、
カンタンに『充実した毎日』を作る方法
についてお伝えします。

これを意識するかしないか。
たったそれだけのことが、
人生そのものの質の差を作ります。

なんといっても、
人生は「今日」の積み重ね。

逆にこれを意識しないで毎日を過ごすと、
2022年もなんだか残念な気分で
終えることになるかもしれません。

「最近、なんだかメリハリがない生活しているな」
「お正月に立てた決意が、緩みかけてるな」

と思うあなたは、
ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

メキシコで発見した、当たり前のこと

どこを切り取ってもかわいい、グアナファトの街並み

今、私はワーケーションということで、
日本での普段の生活を、
そのままメキシコに持って来て
日々を送っています。

そしてこちらで、
仕事、家事、育児をしながら
メキシコでの生活を楽しんでいます。

毎日していることといえば、
基本、日本にいるときと変わりません。

むしろ、普段なら保育園にいる息子が
常にべったり傍らにいる上、
情報発信の頻度も
格段に増えていることを考えると、

タスクとしての負担は
かなり大きくなっています。
普段の自分なら、
到底考えられないほどに。

大変になったはずなのに、
ものすごい充実感です。
なぜか。

秘訣は、ふたつ

『充実した毎日』を作る、
その方法は2つあります。

1つめは、
「毎日を、有意義なものにする」
という覚悟を持つ
こと。

2つめは、
日々には「期限がある」
ことを意識すること。

毎日を、とても大事に過ごしている、
という実感があります。

もちろん、
今海外に来ている、というのは
大きな要因としてあります。

この環境下では、
上の2つを意識するのは、
とてもカンタンです。

ですが、ここで大事なのは、
自分がどこにいるか、ではありません。

充実した「気分を作る」
ということにあります。

これは言うまでもなく、
日常でも再現可能であって、
確実に意識しておくべきことのひとつです。

それは改めて言うまでもなく、
1年365日、
1日24時間、
これだけは、万人に平等であって、

その平等に与えられた「今日1日」を
充実した気分で過ごすかどうかで、
人生全体の充実度が変わってくるからです。

いつだって、
今のこの時は「限りがある」のです。

3歳の息子と旅ができるのは「今」だけです

余談ですが、私が特にそう感じるようになったのは、
子どもが生まれてからなのですけどね。

彼の成長を見ていると、
「限りがある」ことを痛感させられます。


例えば、目の前の仕事、
育児や家事に追われて、
いつの間にか終わる1日なのか。

同じだけの仕事、
育児や家事をしているけれども、
余剰の時間をフル稼働して過ごすぞ!
と、意識的に充実させる1日なのか。

とはいえ、環境を変えるのはお勧めです

なにも海外でなくてもいいと思います。

仕事場所をたまには
オシャレなカフェに変えるだけでも、
その時間をいかにリッチな気分で過ごすか、
自然と意識しますよね。

また、可能であれば1週間くらい、
ワーケーション向きの滞在先を近県で見つけて
行ってみるのもお勧めです。

仕事の都合で出来ない、
という声が聞こえてきそうです。
わかります。
過去には私もそうでした。

そしてそれには、やっぱり
「働き方を変える」というのが一番お勧めです。

かつては

・月の休日は4日
・手取り月収14万円

の、立派な社畜だった私でも、
うまく抜け出ることができましたので、
きっとあなたも、なんとかなります。


YouTubeもあります

私のYouTubeチャンネルでは、

・子連れ旅TIPS
・マルチリンガル子育て
・子どもがいてもできる『時短発信術』

などについて、
お伝えしています。
ぜひこちらもご覧くださいね。


メキシコだより(編集後記)

この記事を書いている今は、
首都メキシコシティから北へバスで6時間、
グアナファトという
世界遺産の街に滞在しています。

メキシコを舞台としたピクサーの映画
「リメンバー・ミー」の舞台は、
ここグアナファトをモデルにして制作されました。

単に街が美しいだけでなく、
メキシコの人々の優しさにも、
日々癒やされています。

この街で息子と過ごせる幸せ。

グアナファトの街並みをおすそ分け

よかったらシェアしてね!