【2歳2ヶ月】色々ラクになりました。外出の荷物はたったコレだけ

4ヶ月ぶりに電車に乗りまして、息子とふたり、近くの街へくりだしました。

直近で最後の旅は、2月中旬の函館。その後コロナ禍でほぼ引きこもっていたので、リハビリみたいな感覚です。

 

母は驚いた。息子と出掛けるのがものすごくラクになっていることに。

お友達と休日にランチ、とまではいかなくても、お世話している感が激減して、言うなれば「ちっさい彼氏とデート」みたいな感じです。

現在2歳2ヶ月。例えば前回、1歳10ヶ月の頃と今日を比べると、

  1. 息子の荷物がかなり減った
  2. お昼寝しなくても大丈夫
  3. ランチを一緒に楽しめる
  4. 本屋で一緒に選書を楽しめる

備忘録的にカンタンにメモしておくと、こんな感じ。個人差はあると思うのですが、もう2歳くらいになれば、大きな荷物を抱えなくても子連れで出掛けられる!ということは、お伝えできるかと。

1今日の息子の荷物

  1. おむつ1枚
  2. お口ふき
  3. 飲み物(細身のペットボトルに水+ストローキャップ)

以上。

エプロンは持っていったほうが良かった感はありますが、それを入れたって本当に身軽になりました。

6時間ほどの外出がコレでいけるとなると、日帰りの外出ならおむつの枚数を1枚足すかどうか、くらいでOKかと。

お昼寝しなくても元気

2歳児は、標準では昼寝は1回、2時間程度(息子の保育園が基準)。

普段は息子も昼食後1時間半ほど寝ますが、外出しているとテンションが上がるのか、全然元気。

以前は息子のお昼寝時間を考慮して、外出する時間も調整していましたが、日帰り程度ならこちらのペースに合わせてもらえるようになったようです。

ランチを一緒に楽しめる

基本的に家では化学調味料は使わない方針ですが、外出時は確認するにも限界があるので、そんなに気にしません。明らかに塩分などが多そうなものは控えますが。

特に海外では、メニューに何書いてあるかわからない!みたいなこともあるので。

とはいえ結構大きくなるまで、彼のゴハンは持参していたのですが、出先でシェアして食べられるものが増えてきました。

月齢的に、親と一緒のものを食べたい!と主張し始めてきたこともありますし、食べ物はかさばるし衛生面も気になるので、これで本当にラクになります。

本屋で一緒に選書を楽しめる

息子は今、絵画にとても興味を持っていて、ゴーガン、セザンヌ、ドガ、モネ…などなど、一流画家たちの名前と作品を数種類覚えています。

今回、美術のコーナーで試しに画集を開いてみたら、良い食いつきっぷりで上手にページをめくり、熱心に眺める息子。

もともと美術館巡りが好きで、息子に絵に興味を持ってほしかった私としては、願ったり叶ったり!と。

 

そういった背景もあって、本屋さんで一緒に好きな本を眺められる幸せ…

というのもあるし、単に本屋さんにこれからは行けるのか~という幸せも。ある程度の規模の本屋さんでなら1日過ごせる、本屋好きです。息子が生まれて以降は足が完全に遠のいておりました。静かに見させてもらえるわけないですし、実際昨年末までは無理でした。成長したなぁ。

***

引きこもりが日常になっていたこの4ヶ月、家でできる遊びは知育は取り入れているつもりでも、どこか大事な経験をさせてあげられていないのでは…と気になっていたのも事実。

何がどう作用したかはハッキリしなくても、息子はきちんと成長を続けてくれているとわかって一安心。

一個人として取るべき対策はしつつ、前より更に一緒に出掛けやすくなった息子と、色々行きたいなぁ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる